写真

細菌への防衛力なら、「電解水」です。

目には見えなくても、私たちが暮らす日常空間には様々な細菌が潜んでいます。
その対策として有効な手段が、塩と水で電気分解して生成する「電解水」。
洗浄力の「アルカリ性電解水」と除菌力の「酸性電解水」が、食中毒や院内感染の防止に活躍します。
しかも、生成には薬品類をいっさい使用しないため、安心してご使用いただけます。
食品業界や福祉施設をはじめ幅広いシーンで、清潔な環境作りをサポートします。
細菌への対策として有効な手段が「電解水」です。洗浄力の「アルカリ性電解水」。
除菌力の「酸性電解水」。電解水の二つのチカラが、細菌を除去した真の「清潔」を実現します。

必要なのは「水」と「塩」と「電気」だけ

写真

電解水の生成に特別な原料は必要ありません。必要なのは「水」と「塩」と「電気」だけ。 水道水に含まれているカルキや有機塩素化合物、チリ、ゴミ等を軟水器とフィルターを通して徹底的に除去。
この水と塩水を電気分解することにより、「強アルカリ性電解水」と「強酸性電解水」が生成されます。

マイナス(-)の電極側から洗浄力の高いpH約12.0の強アルカリ性電解水と、プラス(+)の電極側から除菌力の高いpH約3.0(有効塩素濃度20~70ppm)の強酸性電解水が生成されます。

写真

洗浄&除菌。W効果の電解水。
汚れの中に潜む菌も、効果的に除去します。

  • 写真
  • 写真

    アルカリ性電解水洗浄

    たんぱく質・油脂汚れを分解

  • 写真

    酸性電解水洗浄

    細菌を除去

菌が汚れの中に潜んでいる場合、通常の除菌剤だけでは
菌を覆っている汚れにガードされてしまい、充分な除菌効果を発揮することができません。
そこで、洗浄力&除菌力、W効果の「電解水」。
まず「アルカリ性電解水」で、細菌の温床や臭いの元となる
たんぱく質・油脂汚れを分解洗浄。その後「酸性電解水」で菌を除去します。

食中毒や院内感染の対策に。
電解水を洗濯水として使用した際の除菌効果

  • オムツカバー

    LOWモードで10秒後

    BeforeBefore

    写真

    AfterAfter

  • 下着

    LOWモードで10秒後

    BeforeBefore

    写真

    AfterAfter

強酸性電解水に含まれる次亜塩素酸が高い除菌効果を発揮し、洗濯しながら除菌します。

さまざまな脅威を招く病原菌を除菌

強酸性電解水が食中毒の原因となる大腸菌やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ菌などを除菌します。

強酸性電解水で除菌できる細菌・ウィルス・カビ類
  • 大腸菌,O-157,O-111[食中毒]

    サルモネラ[食中毒]

    セレウス菌[食中毒]

    赤色酵母[水まわりの赤色発色 真菌]

  • リステリア菌[食中毒]

    MRSA[院内感染]

    溶血性連鎖球菌[院内感染]

    カンピロバクター[食中毒]

  • 黄色ブドウ球菌[食中毒]

    腸炎ビブリオ[食中毒]

    緑膿菌[院内感染/眼疾患/下痢]

    レジオネラ菌[飛沫感染/空気感染/肺炎]

製品仕様
電源 単相100V 50Hz/60Hz 1.0kVA(10A)
消費電力 定格電力143W 待機時:60W(0.3A)
外形寸法 幅500×奥行500×高さ820(mm)
電解水pH 酸性電解水:約3.0 アルカリ性電解水:約12.0
酸化還元電位 酸性電解水:1000mV アルカリ性電解水:-800mV(生成時)
有効塩素濃度生成量 20~70mg/kg(現地水質により調整)
生成量 酸性電解水:約5.0L/min アルカリ性電解水:約5.0L/min(調整可)
製品重量 乾燥重量/約80kg
上水道(給水圧0.2~1.0Mpa)
排水水 背圧がかからないこと
使用温度範囲 5℃~35℃
設置場所 屋内(床置式、要排気設備、凍結・結露しない場所であること)

お問合せ先

お電話からのお問合せ

03-6228-7244

平日9:00~18:00

フォームからのお問合せ

お問合せフォーム